トピックス

お金と時間、どちらが大事か?

投稿日:

お金と時間、どちらが大事か?

****今後のセミナースケジュール***********

7月15日(日) ハワイプチ移住セミナー https://goo.gl/n5af2k ※11日(水)で受付締切!

7月22日(日) 正しい歩き方セミナー @加圧スタジオHIWALANI elua (町田店)

7月31日(火)一人戦略会議体験セミナー

8月4日(土)スピードライティングメソッドセミナー

10月15〜20日 談慶・森田のハワイツアー

************************

 

先日開催したパーフェクトブレインのシークレットセミナーで、

「お金と時間、どちらが大事ですか?」という質問をしたところ、

多くの人が、「時間の方が大事」と答えました。

皆さんは、お金と時間、どちらの方が大事でしょうか?

私は、圧倒的に、時間の方が大事だと考えています。

なぜなら失った時間は取り戻せませんが、

失ったお金はまた稼ぐことができるからです。

 

こういう話をすると、

「自分はそんなに稼げないから、お金を節約するしかない」

「だから、お金の方が大事だ」

と反論する人もいるかもしれません。

 

そのような方は、まずは、収入をアップできるようにするために、

生産性の向上を考えることをお勧めします。

 

たとえばですが、あなたが何か書類などを書く仕事をしているとします。

仮にその時給が1000円だとして、もし書く速度が2倍になったらどうでしょうか?

つまり、生産性が2倍に向上するわけです。

単純に考えれば、あなたは2倍の給料がもらえることになります。

 

これがさらに、5倍、10倍とアップできたらどうでしょうか?

ここまで生産性が向上すれば、あなたは単なる雇われ人を卒業していることでしょう。

そして収入も2倍3倍どころか10倍以上になるはずです。

 

そのぐらい、この「書く速度」というのは重要なのです。

私は、2010年に初めて一般書を出版しましたが、

そこから1年以内になんと4冊の著書を出版することができました。

 

通常、1冊の本を書くのに1年かかると言われています。

それが、著者になりたての私が、これほど短期間に

本を出せたのはなぜでしょうか?

 

元々私は書くのが速かったのですが、本を出すにあたって、

どうやったらより効率良く、より速く文章を書けるか研究しました。

その結果、1日に30分程度の執筆時間で、1ヶ月あれば

1冊の本を書けるようになったのです。

 

こうした「速く書く技術」のお蔭で、私は1年間で4冊の本を出したり、

合計で10冊以上の本を出すことができたわけです。

それ以外にも、毎日メルマガの執筆などを継続することができました。

さらに、今年に入ってから私は従来の方法よりも

3倍速く書ける方法を開発しました。

この方法を使えば、メルマガの原稿の執筆も10分で済んでしまいます。

 

本の原稿も、1日あたりの量は同じぐらいなので、

1日10分で済んでしまう計算になります。

1日10分書くだけで、ひと月で1冊の本が書ける

ライティングスピード身に付いたらどれだけよいか想像してみてください。

 

別に、本を出版しなくても、あなたも書く作業がたくさんあるはずです。

それを大幅に効率アップできたらどれだけラクになるでしょうか?

 

これだけ生産性が向上すれば、自ずと収入も上がっていきます。

書くスピードだけでなく、あらゆる作業における

生産性の向上にもつながるので、その相乗効果は

計り知れないものがあります。

 

私はこのすばらしい方法を、別に自分だけで隠して独り占めする理由もないので、

皆さんにぜひお伝えしたいと考えています。

先週からお伝えしている、セミナーリストの中に

「スピードライティングメソッドセミナー」があるのに

お気づきになられた方もいると思います。

 

これがその、私の開発した究極のスピードライティングメソッドを

お伝えするセミナーです。セミナーの正式募集は、

数日後に行なう予定です。ぜひ楽しみにお待ちください。

 

********************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.