トピックス ブログ

あなたは水と空気を食べている!

投稿日:

あなたは水と空気を食べている!

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
↓        ↓

https://m.youtube.com/watch?v=pILOD_32pN0

 

以前のメルマガで、野菜やタンパク質はGI値が低いと書きました。

 

食事をする時は、低GI値のものを先に食べると、糖の吸収がゆるやかになります。

順番としては、先にサラダを食べて、その後に他の食品を摂る流れです。

ですから、トランプ大統領の「アメリカファースト」をもじって

「サラダファースト」と憶えるといいとも書きました。

 

サラダに入っている全ての野菜がGI値が低いわけではありませんが、

レタスやキャベツといった葉物野菜は比較的GI値が低いので、

これらの野菜を中心に摂るとよいです。

 

しかし、そうは言っても、野菜の摂取量が不足している人が多いのです。

 

 

上記の野菜の成分表から分かるように、たとえば生のキャベツは

100g中、92.7gが水分です。実に90%以上が水分という事になります。

 

 

レタスも同様です。100gのうち95.9g水分なので、ほぼ水でできていると言えます。

 

さらに、サラダはパッと見はボリュームがあるように感じても、

野菜の形状が曲がっているので、隙間がたくさんあります。

つまり、私たちはサラダでたくさん野菜を摂っているつもりでも、

実はそのほとんどが水と空気なのです。

 

最近はビジネスホテルなどでもビュッフェ形式、つまり

食べ放題の朝食が主流になっています。

 

こういった施設では、経費節減のためお客さんが

あまり食べ過ぎないような工夫をしています。

 

たとえば、サラダのところに置かれているお皿は小さめな事が多いです。

さらには、ご飯茶碗も小さめにしている施設がほとんどです。

 

心理学の実験でも、人間は小さい器を使った方が

食事の量が減る事が実証されています。

ビュッフェ形式は、このような人間の心理を利用しているのです。

 

 

ですから、サラダを摂る時は、上の写真のように大盛りにするか、

あるいは2皿分食べてもいいぐらいです。

サラダを多めに摂る事を意識すると、糖の吸収もゆるやかになり、血糖値が安定します。

 

特に朝はサラダをしっかり摂ると、日中の血糖値が安定していくのでぜひ試してみてください。

****************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.