トピックス ブログ

「やればできる!」は言ってはいけない。

更新日:

「やればできる!」は言ってはいけない。

「あなたはやればできるんだから」

このような声かけを子どもにする親御さんが少なくありません。

「やればできる!」とはげませば、
子どもがもっと勉強して、成績が上がる、、、

160430_1

ところが、これは逆効果なのです。

それはなぜか?

それは、結果にフォーカスしてしまうからなのです。

「やる」、つまり

勉強をしたのに結果が出なかったらどうしよう、、、

と、無意識のうちに、
悪い結果が出ることを恐れてしまう
のです。

160430_2

しかし、「やらなければ」、つまり、

勉強しなければ、結果が出なくても仕方がないと、

逃げることができるわけです。

実は、このような落とし穴にはまっている親子が

たくさんいるのです。

では、どうしたらよいか?

それは、行動にフォーカスすることです。

結果ではなく、勉強したという「行動」にフォーカスする。

そもそも、行動しなければ結果はついて来ないのですから、

行動にフォーカスし、行動量が増えることで

結果も伴ってくるわけです。

したがって、

子どもに声をかける場合は、

「やればできる」ではなく、

「やらなければ、できない」とか、


「成績上げたきゃ、やるしかない! 今でしょ!」
ぐらい言った方が良いかもしれません。

そして、この原理を上手く応用しているユニークな会社があります。

その話は明日、、、。

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.