トピックス ブログ

「どうして?」ではなく、「どう◯◯◯? 」

更新日:

勉強や仕事で良い結果がでなかった時、

みなさんは 
どのように考えるでしょうか? 

たとえば、国語の成績が悪かった時、 
「どうしてできなかったのだろう?」
と考えますか。

それとも、 
「どうせ、自分は国語は苦手だから」
と決めつけてしまいますか? 

このように、
「どうせ、、」
と決めつけるのは 最悪です。 
そこで進歩が止まってしまいます。 

「自分は国語は苦手なんだ。他人より劣ってるんだ」と 
決めつけてしまい、
それ以上向上しようとしないのです。 

この状態から、
自然に成績が上向くなんていうことは有り得ません。 
では、
「どうして?」はどうでしょうか? 

150829_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、「どうせ」よりは、だいぶマシです。 

自分が良い点を取れなかった原因
を究明しようという姿勢があります。
 

たとえば、評論文の得点が低いとか、
古文が悪かったとか、 

原因を特定することは、
一歩前進といっても良いでしょう。 

しかし、ここからさらに進むためには、 
もう一工夫が必要です。 

そのキーワードは、
「どうすれば?」です。 
英語で言えば「HOW」です。 

どうすれば、評論文を克服できるか、

どうすれば、古文の点数が上がるか? 

どうすれば、営業成績が上がるか? 

150829_2

 

 

 

 こうした改善法を考えなければ、

現状を打破できません。 

いつも、「どうせ」や「どうして?」で止まっている人は、 
「どうすれば?」という質問を自分自身に投げてみましょう。

 

「どうすれば?」の回答の一つが

パーフェクトブレインです。

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.