ブログ 天才脳音源 記憶力

億万長者の成功法則とは?

更新日:

億万長者の成功法則とは

一昨日は福岡でコンサルをした後、

夜は「億万長者の会」を開催しました。

 

今回ゲストでお招きしたSさんは、

福岡在住で、マンションを54棟所有する不動産王です。

公務員をしながら不動産を買い進め、

今ではセミリタイアして、不動産業に専念しています。

なぜSさんは、それほどたくさんの不動産を所有できたのか?

そこにはある秘密があります。

 

通常、不動産投資をする人は、なるべく利回りの高い物件を

買おうとします。利回りというのは、

たとえば1億円の物件を購入して、年間の家賃収入を1千万円とすると、

1千万円 ÷ 1億円 = 10%

・・・になります。

詳しくは、こちらをご覧ください。↓

http://www.mitsuifudosan.co.jp/lets/column/unyou/unyou07.html

(不動産の利回りとは)

多くの人がいきなり利回り15%とか20%とか、なかなかあり得ないような

高利回りの物件を狙おうとします。

しかし、、、これは、野球に例えるなら

いきなりホームランを狙おうとするようなものです。

ところが実際にはそのような物件はなかなか手に入らないのです。

 

そこでSさんが取った作戦とは、「悪くない物件ならとりあえず買う!」

というものです。どういうことかというと、、

それほど利回りが高い物件でなくとも、損をしない程度の物件であれば

とりあえず買うというものです。

 

それでは儲からないのではないか?と思う方もいると思いますが、そうではありません。

家賃収入でローンを返済していくにつれて、残債、つまりローンの残りの金額が

減っていきます。不動産の価値は、それほど急激には落ちないので、

含み益といって実質の資産価値が徐々に上がっていくのです。

ですから、まぁまぁな物件でも実際には儲かっているのです。

 

それを行なっていくことにはもうひとつ大きなメリットがあります。

それは何かというと、実績が増えることによって、

銀行が融資してくれやすくなるということです。

 

悪くない物件、まぁまぁな物件を3棟を買って、次にすごく良い物件に巡り合えれば、

さらに儲かるとSさんは語っていました。

野球にたとえるなら、1打席目、2打席目、3打席目と凡打を繰り返しても

4打席目でホームランを打つといった感じです。

 

ところが、多くの人が最初からホームランを狙おうとして

ど真ん中の甘い球を待つのですが、実際にはそんな球はこないので、

 

バットを振らずに3打席目、4打席目と経過し、

バットを振り慣れていないので結局ホームランなど

打てないことになるのです。

 

これは、英語の勉強などにも当てはまります。

たとえば英単語を憶える場合、多くの人はとにかく一発で覚えようとします。

つまりホームランを狙うわけです。

 

ところが、実際には全ての単語を一回で記憶することは無理です。

しかし、とりあえず、うろ憶えでも反復していくうちに記憶が定着してくるのです。

 

実は、語学が上達している人というのはほとんどの人がこういった勉強法を採用しています。

 

​近々リリースする「東大理三 最高峰の英語」セミナー音源でも

東大理三生が英単語の覚え方を語っていますが、

これもまさに、億万長者の成功法則と相通じるものがあります。

いよいよリリースも近づいてきましたので楽しみにお待ちください。

東大ドクター森田のLINE@

-ブログ, 天才脳音源, 記憶力

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.