集中力を高める技術
ドクター森田の集中力養成講座メルマガ

2018年問題 減り続ける大学入学者

LINEで送る mixiチェック
掲載日 :2015年8月30日

2018年問題
という言葉を聞いたことはあるでしょうか。


2018年頃から18歳以下の人口が減少し、
大学進学率がどんどん下がっていくと言われています。


これを2018年問題と呼んでいます。


2031年には、
18歳以下人口は約101万人といわれています。


ちなみに、私が受験生だったころは、
18歳人口が170万人

その、もう数年あとの、
「第二次ベビーブーム世代」は
なんと200万人です。

150831_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.mukogawa-u.ac.jp/~kyoken/data/13.pdf 
(http://know01.com/2018-475より)


大学進学率は50%代で横ばいに推移するとみられ、
今後大学入学者の減少は確実です。


2014年の時点で、
大学の数は、国公立・私立を合わせて781校

限られた大学入学者をめぐって、
大学間の競争が激しくなれば、
争いに破れた大学は、
ふるいに掛けられていきます。

現時点でも、
なんと4割の大学が定員割れの状況なのです。

150831_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(読売新聞ニュースより)



「大学は学問を学ぶ場、研究をする場」
であると考えれば、

あまりレベルの低い大学に進むことはお勧めできません。


しかし、

高校を卒業したばかりの若者が、
社会に出る前に学ぶべきことは、
必ずしも学問だけとは限りません。


他にも学ぶべきことはたくさんあるはずです。


大学側は、生徒に、
他にはない、どんな価値を提供できるのか
真剣に考える必要があるでしょう。

逆に、

生徒は、偏差値にとらわれず、
その大学で何を学びたいのか、何を学べるのか
よく考えて進路を決める必要があります。



もう一つ、
私が興味を持っていることがあります。


このように、
ピーク時に比べて大学入学人口が半分に減った状況で、
果たして生徒のレベルはどうなのでしょうか


人数が減れば、競争はゆるくなっているはずです。

であれば、

昔の生徒と今の生徒、
どちらが優秀かと言えば、
おそらく昔の生徒だろうというのが、
私の意見です。


ですから、日本でトップクラスなんていうことで喜んでいてはいけません。

それは、もはやぬるま湯なのです。


150831_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 


優秀な生徒は、ぬるま湯で満足せず、
どんどん世界に出ていった方が良いでしょう。

 

 

世界で戦える頭脳を手に入れるには?

パーフェクトブレインです。

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-


ページTOP