集中力を高める技術
ドクター森田の集中力養成講座メルマガ

薬の飲み過ぎに注意!

LINEで送る mixiチェック
掲載日 :2016年10月23日

先日、

 

私が顧問をしている病院のスタッフから、

 

以下のような質問を受けました。

 

 

「善玉コレステロールが正常値より低いのですが、

 

薬は飲んだ方が良いのでしょうか?」

 薬の飲み過ぎに注意1

 

 

善玉コレステロールというのは、

 

HDLコレステロールのことです。

 薬の飲み過ぎに注意2

 http://medical-checkup.info/article/43589316.htmlより

 

詳細は省きますが、善玉コレステロールは高いほうが良く、

 

悪玉コレステロールと呼ばれるLDLは低い方が良いと言われています。

 

 

 

 

 

ちなみに、HDLの基準値は以下のようになります。

 

 

 薬の飲み過ぎに注意3

で、最近よく話題になるのは、

 

この、悪玉と善玉の比が重要だという話です。

 

件(くだん)のスタッフも、このことを気にしていたようです。

 薬の飲み過ぎに注意4

 

 

ちなみに、悪玉コレステロール(LDL)の基準値は、

 

以下のようになります。

 薬の飲み過ぎに注意5

 

 

 

 

http://goodlife1.net/Entry/2/より

 

 

 

で、そのスタッフの話を聞いていて、驚いたことがあります。

それは何かと言うと、、、、

このスタッフは、元々、LDLの値が、100程度だと言うのです!!

もしこれが本当だとすると、全然高くないどころか、

低いぐらいなので、

本来、薬を飲む必要はないはずなのです。

根拠となる論文を見ても、元々悪玉コレステロールが高い人が

対象になっているので、正常値の人には、このデータ自体が

あてはまらないのです。

http://circ.ahajournals.org/content/circulationaha/85/1/37.full.pdf

なぜ、このような誤解が起こるかと言うと、

「データを断片的に見てしまう」ことに問題があります。

悪玉と善玉の比だけにとらわれてしまい、

元々のコレステロールの値や、

対象になっている人のバックグラウンドを考慮しないと、

医師でも、このような勘違いを起こしかねないのです。

そもそも、クスリを飲むかどうかの基準値などというのは、

製薬会社が、

自分たちの薬を飲む人を増やすために設けているのです(汗)。

ですから、その罠にかからないように気をつけないといけません。

とはいうものの、実際のところ、

生活習慣病から、動脈硬化が進んで、心筋梗塞や脳梗塞になる人が

増えているのは事実です。

根本的な解決のためには、

生活習慣を変え、体質を改善する必要がありますが、

それが不十分で、病気になる危険性が高い人は、

薬を飲んだほうが良いわけです。

こういう薬は即効性があるわけではなく、

意思決定も緊急性があるわけではないので、

リスクとベネフィットをよく検討して

内服するかどうか決める必要があります。

 

 

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど


ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 


ページTOP