集中力を高める技術
ドクター森田の集中力養成講座メルマガ

自分の人生を生きているか?

LINEで送る mixiチェック
掲載日 :2016年9月28日

自分の人生とは何でしょうか?

 

 

 自分の人生を生きる1

 

私の場合、11歳の時に母が亡くなりました。

 

それがきっかけで医療というものに関心が芽生え、

 

結果的に医学部に進学しました。

 

 

 

 

医師になってからも順調に仕事をしていましたが、

 

30代前半のころ、

 

自分の人生について深く考えた時がありました。

 

 

 

 

それはどういうことかというと、

 

もし母が病気で亡くなっていなかったら、

 

自分は医者にはならなかったのではないか?

 

ということです。

 

 

 

母が亡くなる前の私は、

 

医療には全く関心がありませんでした。

 

 

 

算数が得意だったので理科系には興味がありましたが、

 

「将来は科学者になって、

仮面ライダーのような改造人間を作りたい」

 

といった程度のことしか考えていませんでした(笑)。

 

 

 

 

医師としての仕事に決して不満はない。

 

しかし、これだけで一生を終えるべきかどうか、、、

 

私は数ヶ月間考え続けました。

 

 

 自分の人生を生きる2

 

そして、ひねり出した答えは、、、、

 

 

 

50歳でリタイアし、ハワイに移住をする。

 

そして、50歳以降は、別な事業をやる

 

というものでした。

 

 

 

普通の人から見たら、突拍子もない目標かも知れませんが、

 

私の中では、これが揺るぎない目標となりました。

 

 

 

 

そして今日に至っています。

 

 

 

 

みなさんの場合はどうでしょうか。

 

自分の人生を生きていますか?

 

それとも、親の望んだ人生?

 

あるいは会社のための人生?

 

 

 

 

おそらく、自分で考え、

 

自分で選んだ人生を歩んでいる人の方が

 

少数派だと思います。

 

 

では、今現在、自分の人生を生きていない人はどうしたら良いか?

 

 

 

そこには、大きく2つの選択肢があります。

 

 

1つは、流されて生きる。

 

もう1つは、自分の人生を生きる。

 

 

 

こうした話を聞くと、真面目な人は、

 

自分の人生を生きなければいけないと思ってしまいます。

 

 

しかし、必ずしもそうではありません。

 

 

場合によっては、人のアドバイスに従って流された方がいいケースもあります。

 

 

 

人生は一度切り。

 

 

過去に戻ってやり直すことはできません。

 

今の現実は、あなたにとっての真実であり、

 

そこには正解も不正解もないし、

 

成功も失敗もないのです。

 

 

 

 

ただし、未来は選択することができます。

 

 自分の人生を生きる3

 

 

 

 

 

 

どのような未来を選択するかは、

 

あなたの手に委ねられています。

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど


ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 


ページTOP