集中力を高める技術
ドクター森田の集中力養成講座メルマガ

翻訳本「最後までやりきる力」の監修が決定

LINEで送る mixiチェック
掲載日 :2016年1月25日

「最後までやりきる力」

160125_1

 

 

 

 

 

 

 

 




クロスメディアパブリッシング社から2月に発売される翻訳本

「最後までやりきる力」

の監修をしています。


160125_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




多くの人が成功したいと望んでいる、そして

どうすれば成功できるか、

何をやれば良いかもわかっている。

なのに、ほとんどの人が成功できない。





それはなぜかと言うと、

「最後までやりきる力」がないから。




できる。

やらなきゃ。

やるぞ!

結局やらなかった、、、、、。

160125_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 






この文章を読んでいる人の中で、ほぼ全ての人が、

このような経験をしたことがあるはずです。


なぜ、やりきることができないのか?






本書ではその理由を、

「やるべき」という意志よりも

「やりたくない」あるいは、

「他のことをやりたい」という感情が
優先してしまうため
だと解説しています。





本書で述べられているように、

仕事を大きく2つに分類すると、

やりたい仕事と、

やりたくない仕事に分けられます。



自分のやりたい仕事だけやれば良ければ、、、

どんなに良いでしょうか?


たとえば、絵を描くのが好きな人が、

毎日、絵だけ描けば良い。

将棋を好きな人が、
毎日将棋だけ指せば良い。


野球の好きな人が、
毎日野球だけすれば良い、などなど。


しかし、

100%自分のやりたいことだけという人は、
まずいません。

ほとんどの人は、
自分のやりたくない仕事もやらなければいけない。


しかし、そこで詰まってしまうのです。

そして、本書で述べているように、



しなければいけないと

わかっていることから逃げれば、

何度も繰り返し自分を責め、

ついには 自信や自尊心が傷つくことになる。

そうなれば感情が毒される

負の スパイラルに陥り、

逃げだすことが多くなって

自責の念がさらに強まり、

成功するのに必要なエネルギーと

希望がますます浪費される。



多くの人が、このような悪循環に陥ってしまうのです。


このような問題を解決するために、

私は、


拙著「東大ドクターが教える、やる気と集中力の高め方」の中で、

ワンステップ・メソッドという方法を提唱しました。


160125_4

 

 

 

 

 

 

 









その後、このメソッドは進化し、
現在は「ステップ集中」という名前で、

多くの人に活用されています。



この方法は実に強力で、

私自身、それまではできなかった「やりたくないこと」を

ことごとく「やりきる」ことができるようになった
のです。


では、本書では、決意したことを「やりきる」ために、

どのような方法を提唱しているでしょうか?


続きは、次回に!

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど


ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-


ページTOP