集中力を高める技術
ドクター森田の集中力養成講座メルマガ

発達障害とは障害なのか?

LINEで送る mixiチェック
掲載日 :2017年5月30日

先日、

勝間和代さんがメルマガで発達障害について書かれていました。

 

 

勝間さんによると、

 

 

障害というよりは、
「脳内ホルモンやバランスによる活動や性格の傾向」
と解釈したほうがしっくりきていて、

まぁ、右利きと左利きの違いぐらいかと思っています。

 

 

とのことです。

 

 

私もこの意見に全く同感です。

 

 

ちなみに、発達障害とは、

Developmental disabilityの訳です。

 https://goo.gl/CyJUUc

 

 

 

 

 

 

 

発達障害には、

広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害、学習障害、

自閉症スペクトラムなどがあります。

 

 

ごく簡単に説明すると、

発達の過程で、何かの能力が標準的なレベルに比べて

明らかに劣っている場合に、発達障害と判断されます。

 

 

 

 

日本語の響きというのは微妙です。

障害という呼び方は今後、

別な呼び方に変えていった方が良いでしょう。

 

 

Mr.Childrenの「擬態」という曲の歌詞に

こんな一節があります。

 

 

障害を持つ者は、そうでない者より

不自由だって誰が決めるの?

 

 

 

 

私も生まれつき「ある障害」を

持っていますが、

不自由を感じることはほとんどありません。

 

 

私の周囲にも

ADHDを強く疑われる人がいますが、

本人はほとんど不自由は感じていないようです。

 

 

障害という呼び名のために、

その傾向を持つ人は

障害者というレッテルを張られる。

 

 

そうではなく、

それを一つの傾向として理解し、

社会生活上、支障をきたすことがあれば、

専門家と相談して、その対策を立てれば良いわけです。

 

 

そうすれば、

本人も周囲も見方がだいぶ変わるのではないでしょうか。

 

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど


ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 


ページTOP