集中力を高める技術
ドクター森田の集中力養成講座メルマガ

最悪の場合、どうなるか?

LINEで送る mixiチェック
掲載日 :2017年8月5日

先日、仕事で香港に行った時のことです。

 

香港滞在の最終日、

香港から日本へ戻る飛行機は

9時15分発。

 

朝5時半過ぎにホテルをチェックアウトし、

いつものようにUberを呼びました。

 

 

香港のUberは、

タイやマレーシアのように激安ではありませんが、

タクシーよりはちょっと安いかなという感じです。

 

 

また、

言葉が通じないせいか、

香港のUberは無愛想な運転手が多い印象です。

 

 

ともあれ、

ホテルから空港まで

約30分の道のりをスタートしました。

 

 

高速道路を順調に走り、

空港まであと10分ぐらいになったところで、

事件は起きました。

 

 

 

 

 

 

走行中の車から、

なにやら異音が聞こえだしたのです。

 

 

金属音の混じった大きな音です。

 

 

私は最初、

路面が悪いせいかな?などと

気楽に捉えていたのですが、

そうではありませんでした。

 

 

追い越し車線を走っていた車ですが、

ドライバーは徐々に車を車線変更し、

ついには路肩に停車してしまいました。

 

 

いったい、どうしたのか?

 

なんと

タイヤがパンクしたのです!

 

 

 

 

 

 

 

さあ、困りました。

 

 

場所は、高速道路の途中です。

 

タクシーもUberも呼べそうにありません。

 

 

時刻は7時に迫っています。

 

 

このままだと飛行機も間に合わないかも?

と不安が脳裏をよぎります。

 

 

そこで私はどうしたかというと、、、

 

 

まず、

別なUberを呼んでみました。

 

 

しかし、

高速道路上ということで

場所がわからず、

私のいる場所にたどり着けなかったようです。

 

 

 

香港は英語が通じるかと思ったのですが、

Uberの運転手も基本的に中国語しか話せません。

 

 

さあ、困りました。

 

 

その時、

パンクした車の運転手が

「もう一度Uberを呼べ」と言いました。

 

 

アプリでUberを呼ぶと、

ドライバーの連絡先(電話番号)がわかります。

 

 

パンクした車の運転手が、

新しく頼んだUberのドライバーに電話して

場所を伝えてくれました。

 

 

そのおかげで、

新しく来たUberに乗り換え、

なんとか空港に着くことができたのです。

 

 

 

 

 

 

 

さて、

この間、私は焦っていたかというと、

全くそんなことはありませんでした(笑)。

 

 

こういう時は、

最悪の場合、どうなるか?

ということを考えるようにしています。

 

 

最悪、飛行機に乗り遅れたとしても、

別な便に乗ればいいだけの話です。

死ぬわけではありません。

 

 

空港まで車で10分の地点ですから、

最悪、歩いてでも辿りつくことはできます。

 

 

 

ですから、

最悪でも何とかなるので、

あとは、この状況を打開するのに

最善な方法は何かを考えていただけなのです。

 

 

このように、

最悪の場合、どうなるか?

ということを考えると、

たいていのことは何とかなることがわかります。

 

 

必要以上に焦らず、

冷静に対処することが重要です。

 

 

それにしても、急なパンクで車がバランスを失い

事故にならずに済んだのは

ラッキーでした。

 

それと、

余裕を持って

早めに出発していたことも

良かったです。

 

 

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど


ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 


ページTOP