集中力を高める技術
ドクター森田の集中力養成講座メルマガ

成功のための3つのKとは?

LINEで送る mixiチェック
掲載日 :2015年8月29日

成功のための3つのKとは? 


何かの分野で成功するために
必要な要素とは何でしょうか? 

努力、才能
といったキーワードを上げる人が多いと思いますが、 

それはちょっと違います。 

150830_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 



成功のために必要な3つの要素 

それは、

工夫、改善、継続 という3つのKです。 


まず工夫について考えてみましょう。 


どんなに努力をしても、
やり方が間違っていたら、 
上手くいきません。 


たとえば、

筋肉をつけてムキムキになりたい人が、
毎日腕立て伏せをやっているだけでは、
ムキムキにはなれません。 

筋肉を太くするためには、
最大筋力の65%以上の負荷でトレーニングをする必要があるので、
重いバーベルを使ってトレーニングするか、

あるいは、

加圧トレーニング
スロートレーニングのような工夫が必要になります。 

150830_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2番めは改善です。 


一度工夫をして良くなっても、
それでずっと安泰とはかぎりません。 

常に改善を意識する必要があります。 

一般の人には知られていませんが、
病院では「ヒヤリハット」レポートというものの提出があります。 

大きなミスまではいかないが、

「ヒヤリ」としたことや、
「ハッ」と思ったことがあったら

それをレポートとして提出することが義務付けられています。 

しかし、

ここには「改善」という視点がありません。 

「ヒヤリとしたからどうなんだ。
次はどうすればいいんだ。
どう改善すればいいのだ?」 

という視点が欠けているため、
ほとんどの病院が良くならないのです。 


3番めは継続です。 

何かの分野で成功したいと思ったら、
継続する必要があります。 

ビジネスでは参入障壁という言葉があります。 
その分野に参加するための壁やハードルが高いかどうかという意味です。 

これが高いほど、
ライバルが少なく、
そのジャンルで優位に立てるわけです。 

150830_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような高い壁を越えるのが
一朝一夕でできるはずがありません。 

工夫と改善を継続することで、
高い壁を超えていけるわけです。 


私の高校の同級生で落語家の立川談慶師匠は、 
平成3年に立川談志師匠に入門し、
それから24年間 
この3つのKを実践し続けています。
 


150830_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ落語家の話は面白いのか


だから、彼の落語は、 同じお題目なのに、
何度聞いても面白いのです。

 

工夫・改善・計測、全ての要素が含まれるのが、

パーフェクトブレインです。

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-


ページTOP