集中力を高める技術
ドクター森田の集中力養成講座メルマガ

勤務医は金無医??

LINEで送る mixiチェック
掲載日 :2017年6月30日

先日、愛媛県の西条市で開催された研究会に参加しました。

 

 

研究会の趣旨は、

ライブデモンストレーションと言って、

カテーテル治療をしているところをライブ中継して、

皆でディスカッションするものです。

 

 

その合間に

ミニレクチャーなども行います。

 

 

 

 

 

 

 

その講演の一つに産業医の先生のお話がありました。

 

 

医師、看護師、技師など、病院に勤務する人は夜勤をすることが多いです。

 

 

しかも、その労働環境は、決して良いとは言えません。

 

 

特にドクターの場合、

夜勤明けも勤務をするのが当然のようになっています。

 

 

しかも、楽な勤務ならまだしも、

夜勤明けで外来をこなしたり、

夜勤明けで、そのまま手術なんていうのも

決して珍しくはありません。

 

 

 

 

この状況を解消するためには、

同じ病院に勤める医師の数を最低でも1.5倍にする必要があります。

 

 

 

 

しかし、これも

現実的には困難です。

 

 

なぜかと言うと、

人員を増やしたからと言って

病院の売り上げがアップするわけでもなく、

また、

実際問題、ドクターを探すこと自体が困難だからです。

 

 

このような激務をこなす勤務医。

 

 

その分、収入も多いのだろうと

世間の人は思っています。

 

 

 

 

しかし、、、、

これも大きな誤解です。

 

 

実際、勤務医の年収は、、、

 

 

1000万円から1500万円くらい。

国公立大学の付属病院だと、

700から800万円というのが現状なのです。

 

 

私大の付属病院でも、

契約書に

「公務員の給与基準に準ずる」

なんて言う意味不明なものもあります。

 

 

 

 

勤務医は金無医、、、、

これが知られざる現実なのです。

 

 

 

 

しかし、、、

「私の知り合いのドクターは勤務医だけど、ベンツに乗ってるよ」とか、

「勤務医だけど、高級マンションに住んでるよ」

と疑問に思う人もいると思います。

 

 

いったいどうなってるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

そのからくりは?

 

 

これにはいくつかのパターンがあります。

 

 

一つは、

実家がお金持ちのパターン。

親のサポートによって、自分の収入以上に

裕福に暮らせるパターンです。

 

 

二つ目は

アルバイトをしているパターン。

 

 

ドクターはアルバイト、つまり他の病院で非常勤で働くことができます。

しかも、たいてい、そちらの方が割が良いのです(笑)。

 

 

それによって、収入をカバーすることはある程度可能です。

 

 

そして、もう一つは、、、、

 

 

夫婦共働きのパターン。

 

 

これは、ある意味、最強です。

 

 

なぜかと言うと、日本は累進課税だからです。

 

 

特に夫婦そろってドクターというのは強いです。

 

 

仮に一人で年収2000万円を稼いだ場合、

所得税と住民税を合わせると、ざっくりですが、

半分が税金で取られます。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

 

 

ところが、

夫婦それぞれ1000万円の収入だと、

世帯の収入が同じでも税金はぐんと減ります。

 

 

日本の税制上は、この方が明らかにお得なのです。

 

 

しかし、それでも税金は取られます。

 

 

税金に対する知識がないと、かなり損をします。

 

 

 

 

例えば、500万円の自動車を買ったとします。

 

 

先程書いたように、年収2000万の人は、

ざっくり50%を税金で取られます。

 

 

したがって、

1000万稼がないと500万の車を買えないのです。

 

 

しかも、そんな高い車を買った上に、

維持費や駐車場代が莫大にかかってきます(汗)。

 

 

ですから、勤務医で、都内の高級マンションに住み、

外車を乗り回していたら、お金を残すのは至難の技なのです。

 

 

そういう人は、まず間違いなく「金無医」です(笑)。

 

 

ところが、

これが株式会社などの法人の場合は、

状況が異なります。

 

 

同じように車を買っても、

全部経費とまではいきませんが、

減価償却といって、一部を損金(いわゆる経費)にできます。

 

 

特に中古車の方が短期間で償却できるので、

税金対策的にはお得です。

http://www.sinkoku.net/post-499/

 

 

ですから、出て行くお金が全然違うのです。

 

 

こういうことを知らない勤務医が悪いということではありません。

 

 

一生懸命働いているのだから、もっと報われてもいいと思います。

 

 

しかし、日常の業務が忙しすぎて、税金対策はおろか、

資産形成など考える余裕がないわけです。

 

 

そこに付け込んで、

勤務医を騙そうとする悪い業者もたくさんいます。

 

 

 

今回の研究会での私の講演のタイトルは

「全ての仕事は医療である」

 

 

頑張っているドクターをサポートするのも

医療への重要な貢献ではないか。

 

そう思っています。

 

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど


ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 


ページTOP