集中力を高める技術
ドクター森田の集中力養成講座メルマガ

トップ1パーセントの行動習慣

LINEで送る mixiチェック
掲載日 :2016年2月22日

トップ1パーセント

どんなジャンルでも、上位の1%に入ることができれば、

かなり高いレベルと言えます。


160222_1

 

 

 

 

 

 

 







これを受験で使う偏差値に例えると、

偏差値75ぐらいに相当します。


偏差値75といったら、結構良さそうですね(笑)。

ちなみに、偏差値については何度か解説しているので、

こちらをご覧ください。
http://ameblo.jp/moorilyn/entry-12110189528.html



さて、トップ1パーセントに入るためには、

どうしたらよいか?



まず、普通の人と同じ行動をしていてはいけません。



普通の人とは何か?


先ほどと同様に、統計で言えば、

偏差値が30台後半から60台前半。

この範囲に8割の人が含まれます。



ある意味、

そこから、はるかにはずれた人が、

人とは違う結果を出すわけです。




たとえば、交通手段を考えてみましょう。


都会では、8割の人は電車を使います。


当たり前のように満員電車に乗って「痛勤」します。


160222_2

 

 

 

 

 

 







では、トップ1パーセントの人はどうするか?


電車に乗らず、タクシーに乗るという方法があります。

満員電車の中では何もできませんし、

ストレスも溜まりますが、

タクシーなら、ゆったりできて

メールをチェックしたり、

電話連絡をしたり、

場合によってはパソコンで仕事もできます。




電車に乗る場合も、

8割の人は、車両中央の混んでる車両に乗りますが、

トップ1パーセントの人は、

一番端に乗ります。

そうすると、空いている確率が高く、

座って仕事や勉強をすることも可能です。





また、ラッシュを避けることも可能です。



朝早く出勤すれば、まだ電車が空いているので、

座っていくことができ、

車内の時間を有効に使えます。




また、8割の人は、

郊外から都心に向かって「痛勤」しますが、

トップ1パーセントの人は、



逆に都心に住んで、中心部から郊外に向かいます。

ですから、ラッシュとは逆方向のため、

電車も空いているのです。

160222_3

 

 

 

 

 

 

 







私はよく静岡に出張しますが、

東京駅から静岡駅まで、

新幹線のひかり号だと約1時間、

こだま号だと約1時間30分です。

ちなみに、料金はどちらも同じです。


さて、どちらを選ぶのが良いでしょうか?


8割の人は、ひかり号を選びます。

なぜなら「早く着く」からです。


しかし、車内が混んでいたら、

その1時間は有効に使えません。


そこで、トップ1パーセントの人は、

あえて、こだま号を選択します。

そして、一番端の車両に乗ればガラガラです。


グリーン車以上にゆったりできます(笑)。


そこでくつろぐこともできるし、

仕事をすることもでき、

移動中の時間を有効に使えるわけです。


今回は電車の話ばかりでしたが、

他にもいろいろな場面で、

行動を工夫する必要があります。

人と同じことをしていては、

トップ1パーセントに入れない。

このことを覚えておきましょう。





ちなみに、

もっとお得に新幹線を有効に活用する方法があります。

続きはメルマガで、、、

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど


ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-


ページTOP