集中力を高める技術
ドクター森田の集中力養成講座メルマガ

セミナーと覚醒剤と集中力

LINEで送る mixiチェック
掲載日 :2014年8月29日

ちまたで、自己啓発系のセミナーが色々と開催されています。目標達成とか、成功哲学を学ぶとか、様々なセミナーがありますので、参加した経験のある方も多いと思います。

しかし、そのようなセミナーに参加しただけで、本当に成功できるのでしょうか?毎日、目標を唱えたり、夢を描いた図を見ているだけで、本当にすべてが上手く行くのでしょうか?

 

私の知り合いで、セミナーに頻繁に参加している人がいましたが、その人の行動を見ていて不思議に思った点があります。

「あのセミナーは良かったから、また行きたい。先生も良かったら一緒に参加しませんか?」と言うのです。そのセミナーは二日間泊まりがけのセミナーで、金額も20万円近くする高額なものです。セミナーの終わりの方では、みんなが盛り上がって、「絶対成功するぞ~」と一人ひとり叫ばされるのだそうです。

セミナー

 

叫んでも何をしても、結果が出るのなら構いませんが、また参加するということは、成功していないし、モチベーションも下がっているのでは?と不思議に思ったのです。

実はこのような、いわゆる「セミナー難民」と呼ばれるような人は意外と多いようです。では、なぜセミナーに一回参加しただけでは、上手くいかないのでしょうか?

セミナーに参加している最中は確かにやる気が出ます。それもそのはずです。そうなるようにストーリーを仕組んだり、BGMで盛り上げたり、様々な仕掛けが施されているからです。しかし、多くのセミナーに欠けている重要なポイントがあります。

それは何かというと、「具体的に明日から何をすれば良いか」ということを教えてくれない点です。

日曜日の夜、セミナーから帰って、まだ気分が高揚した状態でベッドに入ります。そして、翌朝、やや寝不足気味で目を覚ますと、もう現実に戻ってしまいます。

 

セミナー翌朝

さて、何をしたら良いか?と思っても、いつもどおり仕事に行き、いつも通りの暮らしが待っているだけなのです。

そして、だんだんとやる気が低下して行き、我慢できなくなるとまたセミナーに行く。先日、歌手のASKA覚醒剤所持で逮捕されましたが、なんだか、覚醒剤や麻薬の常習者と同じ行動パターンですね。

 

このような人たちに本当に必要なのは、「具体的に明日から何をやれば良いか」ということなのです。私の集中力プログラムでは、その方法論を徹底的に学びます。何をやったら良いか?と迷わなくて良くなるのです。

 


ページTOP