集中力を高める技術
ドクター森田の集中力養成講座メルマガ

やっぱりカカト着地はやめなさい!!

LINEで送る mixiチェック
掲載日 :2016年2月23日

先日踵(かかと)着地は膝に悪いという話を書いたところ、

たいへん多くの反響をいただきました。


まだ読まれていない方は、こちらをご覧ください。
http://goo.gl/AaEZnh

160222_1

 

 

 

 

 

 





人間というのは、自分が普段やっていることは、

当たり前だと思ってしまいます。


私の場合、1年以上前から、「つま先着地歩行」を

実践してきたので、

自分の中では既に「当たり前」のことになっていました。

ですから、みんな知っているものという錯覚があったようです(笑)。


しかし、世間の常識はまだまだ違っていて、

今回の大反響になったわけです。



理論的に考えたら、絶対正しいのですが、

常識にとらわれている人は、

自分の常識と違うことを受け入れられない、、、、。



まあ、これは世の常ですね(^^)


私の場合、常に世間の常識と戦ってきたので(笑)。




さて、改めてつま先着地の有用性を検証してみましょう。




検証1
まず、動物界を見渡してみましょう。



せっかく生まれつき持っている関節を使わずに走ったり、
歩いたりしている動物がいるでしょうか?

答え ゼロ (ただし人間は???)



検証2
文献を調べてみると、日本人の歩き方が変わったのは、

欧米の文化が入ってからのようです。


160222_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


http://web.sugiyama-u.ac.jp/~yamane/kenkyu/2007/aruki07.pdf



それまでの日本人の歩き方は、

すり足や、つま先着地だったようです。

足半(あしなか)といって、つま先側の半分しかない草履もあったそうです。


160222_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://blog.heiwaslipper.com/2014/06/blog-post_6971.html

ランニングに関しては、

つま先着地の方が膝に対する衝撃が少ないことは、

実証されていますが、

ウォーキングに関するデータは少ないようです。

160222_9




https://www.researchgate.net/profile/Juha-Pekka_Kulmala/publication/237084478_Forefoot_strikers_exhibit_lower_running-induced_knee_loading_than_rearfoot_strikers/links/541959020cf2218008bf6cda.pdfより



おそらく、
欧米式の歩行が、もともと踵着地なので、
それが常識とされているためかもしれません。


ランニングの場合は、衝撃が大きいので、

いろいろ研究が進んできているのでしょう。

ただし、理屈は一緒なので、

ウォーキングの場合も、踵着地の方が、

膝に対する衝撃が強くなることは間違いありません。


検証3
高齢者がどんどん増えている日本で、

なぜ、つま先着地が必要か?


160222_4

 

 

 

 

 

 

 

 



軽度前傾・つま先着地歩行を図示すると、

このようになります。

実際には、前傾といってもほんのわずかなので、見た目にはわからない程度です。

理論上、前脚の膝は少し屈曲といって、曲がることになります。

それを支えるためには、大腿四頭筋といって、

太ももの前側の筋肉を使う必要があります。


実は、この筋肉が、体を支えるためには、

とても重要なのです。




年齢とともに筋肉量は低下します。

そして、転倒しやすくなります。


160222_5

 

 

 

 

 





特に筋肉量が低下するのは、

実は、

この、太ももの前側なのです!!

160222_6

 

 

 

 

 

 

 





下は、健康な若者の太ももの筋肉です。

160222_7

 

 

 

 

 

 



図の上方が、太ももの前側になります。


そして、こちらが高齢者の太ももです。

160222_8

 

 

 

 

 

 

 



前側の筋肉がげっそり落ちているのが、

よくわかりますね。



踵着地が楽なのは、

衝撃が膝や腰に直接伝わるので、

太ももで踏ん張らなくても、

大殿筋といってお尻の筋肉などで踏ん張ることができるわけです。


そうすると、

太ももの筋肉が弱ったお年寄りでも、

何とか歩けるのです。


しかし、それを続けていても、

太ももの筋肉は弱る一方ですから、

改善には繋がりません。



改善するためには、

歩き方を修正すること、

そして、加圧トレーニングで太ももの筋肉をつけることです。


最後は結局加圧トレーニングに行き着きますが(笑)、

もし、もっと良い方法をご存じの方がいたら、

教えていただきたいと思います。

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど


ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-


ページTOP