集中力を高める技術
ドクター森田の集中力養成講座メルマガ

なぜ、英語をチャンクで読むのが有効なのか?

LINEで送る mixiチェック
掲載日 :2015年11月29日

 

111528_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語の文型は、5つのパターン

すなわち、S+VやS+V+Cなど5文型に集約されます。

実際は「This is a pen.」
などという簡単な文よりも、
とても複雑な文の方が多いです。 

それを理解する時に

チャンクでとらえる技術が役立つ

という話を以前しました。

111528_2

 

 

 

 

 

チャンクとは、
かたまりとか、
大きなまとまりを意味します。


つまり、英文をチャンクで読むとは、
長い文を、
いくつかの大きなかたまりに分ける
ことなのです。


たとえば、この文章の場合、、、
111528_3

 

 

 

このように、
いくつかのチャンクに分けることができます。

111528_4

 

 



チャンクに分けることで、
ただ棒読みするよりも、
理解がしやすくなります。


では、なぜチャンクが有効なのでしょうか?
その理由を考えてみましょう。

111528_5

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ワーキングメモリーという言葉をご存知でしょうか?
これは、直訳すると
「作業記憶」という意味です。

作業の手順や内容を覚えておく能力
という意味合いになります。

111528_6

 

 

 

 

 

 

 

 

 


別な言い方をすると、
「短期記憶」というものと
ほぼ同じ意味合いになります。

人間の記憶には、
短期記憶と長期記憶がありますが、
これは別な箇所に分かれています。

パソコンで言えば、
メモリーとハードディスクのような関係です。

実は、人間は、このワーキングメモリーが弱いのです。

そのため、

短期間に覚えておける項目は7項目ぐらいと言われています。

しかも、その能力も年々衰えていくのです。


111528_7

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そのため、英単語を1語1語別な項目として捉えると、
項目が多すぎて
ワーキングメモリーが対応しきれなくなってしまう
のです。


111528_8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、

これを大きな塊として捉えれば、
項目自体は少ないので、
脳が混乱しなくて済む
のです。

111528_9

 

 

 

 

 

 

 

 

 



しかも、その方が速く読めるため、
前の記憶が薄れず、
弱いワーキングメモリーに負担をかけなくて良いので、
好循環が生まれる
のです。

111528_10

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このように、チャンク読みをして英文を速く読むことには
様々なメリットがあるのです。

 

 

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-


ページTOP